2017年8月21日月曜日

仰げば尊し。

週末に移住先の様子を見に行ったら、家の前で下水工事をしてました。

 (イメージ)

道を塞いで重機を持ち込み、一所懸命に掘ってました。
「おぉ、うちが発注した工事だ(・∀・)」
道路工事を発注するなんてめったに出来ない経験なので、ちょっと感動しましたw

ちなみに前の晩に妻から
「明日は伝説の人が来るらしいよ」と一言。

 (想像図)

業界でその名がとどろく人がいるんでしょうか。
杖を一振りすると、掘った穴が一瞬で埋め戻されるとか…?
どんな神がかった人が来るんだろうと期待して、様子を見に行ったのであります。

そして当日。

現れたのは、とぐろを巻いたケーブルを軽1BOXに満載した電気工事の人でした。

 ああ、電設の人ね…(^^;)

リノベを頼んだのは工務店ですが
もちろん大工さんがすべての工事をやるわけではなく、
配管とか電気とか、工務店からいろんな業者に外注しているので
いざ現場に出向くと想像以上にたくさんの人が出入りしていて驚きます。

私の仕事もどちらかというと「依頼主」からすべて丸投げしてもらって
いろんな部署に手配をかける仕事なので、
自分がその「客」の立場になるのは新鮮だったりします。
1ヶ所に頼むとそこですべて段取りしてくれて事が進むのを見守るのって
ちょっと居心地がいいですね(^^;)

いま家の中はこんな感じです。


元の壁と天井を剥いだ上に、新たな骨組みが出来てきましたよ。
正面の壁にはシステムキッチンやレンジフードが付く予定です。
そのための補強もなされてるようです。

それにしても、天井を支える骨格からやり直すとは思いませんでした(^^;)
てっきり既存の天井板に何か貼って済ませるのだろうと。
自分で頼んだ工事が思いのほか大掛かりだったのでちょっと驚いてますw

 やや上から仰ぎ見たところ。

築60年の屋根裏と真新しい材木がコラボした姿はなかなか新鮮です。
このままガラス張りにしたいぐらい。
ボロボロの家なのでどこを測っても垂直水平なんて出ていないだろうに
よくこれだけビシッと付けるもんだなあと感心しました。
ちゃんと「ほぞ」が組んでありますし。

今回リノベを頼んでいない部屋はおいおい自分で工事する予定ですが、
こんなに上手くはできないだろうなと、ちょっと凹んでます(´・ω・`)

今週のトピックはこれぐらいです。
来週はもう少し大きな変化がありそうです。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

2017年8月16日水曜日

床上手。

お暑うございます。

 ちょw

お盆の間、リノベ工事はあまり進展はないのですが
念願のw都市ガスがつながったり、給湯機が付いたりして
外観にもいろいろ変化が出てきましたよ。

屋内は今こんな感じです。

 フラットな床があらわれた!

元廊下をかさ上げして、ダイニング・リビングとツライチになりました。
この上にフローリングを施しますよ。
左右が一体になって9DKが7LDKになりますw

 反対側から見たところ。

天井裏を通す予定だったLANケーブルは床下敷設になりました。
「それ大変じゃね?」と思いきや、何のことはない
既存の廊下のに這わせて、その上が新しい床になったのでした。
んーまるでOAフロアみたいw

 こういうの。

どうせかさ上げするなら、OAフロアにする手もあったかもです。
電気配線だけでなくカテーテルなんかも通したりしてw
いつでもどこでも浣腸液の注入が可能♪

 ダイニングとリビングの間にTVアンテナケーブルを通す図。

なんと豪快なw
この上をフラットにしたのが2枚目の写真になります。
頭上には撤去できない梁があるので、
部屋をまたぐ配線をきれいに収めようとするとこうなるわけですね。

いろんなやり方があるもんですね。
表面をきれいに仕上げる予定なら内部は自由自在という手法は
自作マスクモバイル浣腸キットなどにいつか応用できるかもしれません。

途中の工程を見てるといろいろ発見があって飽きないのであります。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

2017年8月9日水曜日

一夜城。

ばするーむが あらわれた!


連日のリノベ日記で恐縮ですが。


昨日までこんな状態だったのに
今日様子を見に行ったらいきなりバスルームが出現していて驚きましたw


本当はビチビチのウェットスーツ姿でフェチな潜水プレイができるような
バスルームにしたかったんですが、予算とか、柱の位置は変えられないとか
きわめて現実的な事情で普通のバスルームになりました(^^;)

 本当はこれぐらい深い浴槽が欲しかったです(^^;)

 やっぱりウェットスーツは陸上で着ろという神の啓示でしょうか(^^;)


それにしても、物凄いでっち上げっぷりであります。
水色の「箱」がバスルームですよ。あばら家の中に丸ごと収まりましたw
ここからどんなふうに壁を形成していくのか見ものです。

連日の暑さに私もやられ気味ですが、
来年の夏はここで潜水するのだ(・∀・)
水に潜ってしまえば気温が何度とか関係なくなりますし。
ちなみにシャワーは後で改造して前後同時責めを可能にする予定です。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

2017年8月8日火曜日

仮想と現実。

お暑うございます。


銭湯で競泳水着、いいかもしんない(・∀・)
一度でいいから借り切って泳いでみたいですよ。

さて。
銭湯といえば。

 風呂場の工事が始まりましたよ。

不定期更新の5回目でございます。
今までは壊す一方だったリノベーション工事が
ようやくプラスに転じてきました。

 手前が洗面所で奥がバスルームです。

ピンクの配管はお湯、ブルーは水です。分りやすいですね。
お湯のほうが本数が多いのは追い焚き用(給湯機まで1往復する)。
それにしてもボロい壁ですねー。見ちゃいけないものを見たような気がします(^^;)

 あまりに古くて、家というより博物館の屋外展示物みたいです。

リビングの床の工事も始まりましたよ。


かねてから作ってあった雑なCGと並べてみました(・∀・)
家具のチョイスや配置は適当です。

垂木の下には例によって茶釜をくべるがあるのですが
何事もなかったかのように覆われましたw

 逆方向から。

実はスケジュールが少しずれまして、完成は9月後半になりそうです。
そのおかげで余裕ができ、こうしてブログを書いてます(^^;)
まあ引越作業は少しでも涼しい方がありがたいですが。


風呂場の天井裏を仰ぎ見たところ。焼き印が右書きなんですがw
「天龍 檜特撰禄○板 一等」「天龍 ○○商店製」と書いてありますね。
実際いつ頃の材料なのかとても気になります。
 ※「天龍 檜特撰縁甲板 一等」「天龍 大保商店製」と
  書かれていることがその後分りました。現存しない製材業者のようです。

 作業灯。ソフトクリームみたいな蛍光管です。

というわけで全貌はまだまだ見えませんが、少しずつ進捗してますよ。
移住を決意してからもうすぐ1年になろうとしています。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

2017年7月29日土曜日

セミヌード。

お暑うございます。

 今ほとんどこの恰好です。

今日も移住の準備で大わらわでしたが、
1日の作業を終えてこんな姿に変身すると「戦いすんで日が暮れて」という心境ですよ。

というわけで不定期更新の4回目、
今日は移住先のあばら家が今どんな状況か晒してみます。
ほとんどお化け屋敷ですがw

 天井を剥がした状態。

うははは、凄いでしょw
手元資金ゼロの変態が現金で買った家なんてこんなもんですw

壁が緑色のところまでが室内で、その上の白いところは天井裏です。
黒っぽい梁は新築当時の(おそらく戦前)、茶色のは移築した時の部材かと思います。

単線で平行に張られてる電線が時代を感じさせますねー。
リノベが完成した暁には、この怪しい電線の代わりにLANケーブルが通る予定です。
(ルーター1台では電波が届かない)
碍子をきれいに取り外して室内配線に再利用したらカッチョイイかもw

 別方向を。

天井裏の壁とかすんげえ適当ですね。
骨組み(竹です)が見えちゃってます。

 風呂場を撤去した跡。

なんか向こうが見えてるんですが(^^;)
ほとんど外じゃん」と思いました。
ここにシステムバスルームがでっち上げられるとはにわかには信じ難い(^^;)
いやもう、このまま泥んこプレイスペースにしたいぐらいw

左下は基礎が腐ってますが、平屋部分なのでまあいいかなと。
新築から10年でこれなら相当やばいですが
60年でこれですから、この先も大きな変化はないでしょう。
リノベのローンが終わるまで持てばいいのだ(・∀・)

近所にはこんな家がごろごろしていて
売り主から「もう1軒いらない?」って声をかけられましたよ。いらんてwww

それにしても、おっそろしいですねー。
60年前に移築した家なんてこんなもんだろうと頭では分ってましたが
実際に目の当たりにするとインパクトは絶大です。

もうリノベーションというより災害復旧みたいな感じです(^^;)

「引越なんて夏にやるもんじゃない」と以前書いたような気がしますが、
よく考えてみると、家の中がこんなにスカスカになる工事は冬じゃ無理かも…

はたして9月上旬にはここに住めるようになるのか?
そして、フェチ三昧の生活を送れるようになるのか?
期待と不安の入り交じる日はもうしばらく続きます。

◆今日のほとんど外じゃん

 NHKェ…

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)